HOMEカウンセリングとは / よくある質問Q&A

よくある質問Q&A

カウンセリングに関するよくあるご質問を集めました。参考にして下さい。

Q.

カウンセリングって何をするんですか?

A.

具体的な方法はお悩みや解決目標によって違いますが、あなたのお話を聴いたり、あなたが自分で問題を解決する力を身に着け、心の平安を取り戻すための訓練とそのサポートをカウンセラーが行います。

Q.

あれこれ根掘り葉掘り聞かれるのは嫌なんですけど

A.

カウンセラーは聴くことを最重視していますが、あなたが話したくないことを聞き出そうとすることはありません。また気分によって「今日は話をしたくない」ということもあるでしょう。そういう時に無理して話す必要もありません。
「話すこと」「話さないこと」の選択はあなたにあります。

Q.

「精神科」「心療内科」と「カウンセリングルーム」って何が違うの?

A.

多くの場合「精神科」「心療内科」では身体症状をメインに、お薬を使って精神の改善を図っていきます。診療時間はおおよそ5分程度です。そして役所・会社などへの効力がある診断書を作成できます。
一方「カウンセリングルーム」では心を苦しめている「考え方」に焦点をあて、お話や訓練をすることで状況の改善を図ります。Withカウンセリングルームでは50分のカウンセリングを行います。

Q.

家族や職場に話の内容が漏れることはありませんか?

A.

カウンセラーには医師や弁護士同様に守秘義務があります。ですから、あなたがカウンセラーに話した内容や療法が第三者に開示されることはありません。
例外として、自傷、他傷(DV,児童虐待など)行為、犯罪に関する告白を聞いた場合などは関係機関に連絡することがあります。しかしその場合も必ずあなたに確認し、その同意の元に行われます。関係機関からの問い合わせについても同様です。

Q.

どのくらい通えばいいですか?

A.

カウンセリングは頭痛薬のように、すぐに効き目が表れるものではありません。
使用する療法や個人差もありますが、12~15回のカウンセリングで区切りがつくことが多いです。

Q.

カウンセラーに私の痛みが理解できるんですか?

A.

たとえ神様であっても他者の痛みを完全に理解することはできません。ですが、カウンセラーはあなたを批判したり否定したりせず受け入れること、あなたの心に寄り添い、回復への手助けをすること、そしてあなたが安心して悩みを吐き出せる場所を提供することができます。

Q.

「主治医の許可を・・」ってあるけどどうして?

A.

「うつ病」や「統合失調症」、「躁うつ病」などの精神疾患の場合、カウンセリングを行うことによって症状が悪化してしまう場合があります。反面「うつ病」「気分障害」などの回復期にカウンセリングを受けることで大きな成果をあげることもあります。精神疾患の状態判定については主治医の判断は何よりも適切であり、優先されると考えております。

Q.

病院よりも料金が高いのはどうしてですか?

A.

ブログにて説明をしておりますので、
ご覧ください。
カウンセリング料金について